ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TinEyeは任意の画像をアップロードしてTinEye.comの検索を行ってくれるWindows用クライアントソフトウェアです。

ローカルにある画像を使って似たような画像を検索できるサービスがTinEye.comです。そのTinEye.comへローカルから画像をアップロードして検索してくれるクライアントソフトウェアがTinEyeです。コンテクストメニューから簡単に使えます。


メイン画面です。設定もここで行います。


シェル拡張です。これが便利なので有効のままが良いと思います。


検索結果のソート設定です。


適当な画像を右クリックしてTinEyeを選択します。


画像がアップロードされます。


Webブラウザが開いて結果が表示されます。確かに指定した画像と似たものが出てきます。

TinEyeを使うと似たような画像を検索できます。実際に行っているのはTinEyeのWebサービスですが、アップロードの手間を軽減してくれるので使い勝手がとても良いです。気になる写真や画像があればアップロードしてみましょう。

TinEyeはWindows用のフリーウェアになります。


MOONGIFTはこう見る

オンラインに写真コンテンツが増えるのに従って似たような画像を検索する需要が高まっています。例えばソーシャルサービスでアップロードされているプロフィール写真を検索して偽アカウントかどうかチェックしたりするのにも使えます。写真コンテンツの問題ある利用についてチェックするのにも使えるでしょう。

似たような画像を検索する技術は幾つか手法があります。Googleも画像検索で提供しています。TinEyeの便利な点はローカルの画像を対象にできるという点です。後はさらにローカルの画像と比較できれば言うことなさそうです。

Add TinEye reverse image search to Windows’ right click context menu with TinEye client | freewaregenius.com

At My Window: TinEye Client

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2