ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

A5:SQL Mk-2は各種RDBMSに対応したデータメンテナンス、ドキュメント生成ソフトウェアです。

今のシステム開発ではほぼ必須とも言えるデータベース。そんなデータベースを利用する上でぜひ利用をお勧めしたいのがA5:SQL Mk-2です。データベースのメンテナンスはもちろん、現状のデータベースから設計書やER図を書き起すのもできてかなり便利なツールです。


まず接続設定です。ODBCを使うこともMySQLやOracleであれば直接接続もできます。


データベース一覧、テーブル一覧がツリーで表示されます。その他、ビュー、シノニム、ストアドプロシージャも確認できます。


データ一覧です。もちろんデータの追加や更新もできます。


テーブル構造表示です。


インデックス表示です。


リバースER図を実行します。現在あるテーブル構造を使ってER図を生成します。


生成しました。リレーションを設定していない場合はA5:SQL Mk-2上で設定することもできます。


エンティティ一覧です。


DDL生成もできます。データベースの種類を選択できるのでDB移行にも役立ちそうです。


実際に生成したSQLです。


テーブル定義書を出力します。Excelで出力できます。


生成されました。テーブル、カラム、インデックス情報などがまとめて出力されています。

A5:SQL Mk-2はSQL入力補完、構造比較、実行計画取得、SQL整形、クエリ結果のExcelへの出力、ダミーデータ挿入など便利な機能がたくさん詰まっています。データベースはOracle/DB2/SQL Server/MySQL/PostgreSQLに対応しているほか、ODBC接続もできます。

A5:SQL Mk-2はWindows用のフリーウェアになります。


MOONGIFTはこう見る

A5:SQL Mk-2は個人的にはアジャイル開発に最適なのではないかと思います。既存のDB構造からドキュメントやDDLを生成するので、現実に即した形でドキュメントが作成できます。データのメンテナンスもできますし、一通りデータベース利用に関して必要な操作はできてしまうのではないでしょうか(サーバ設定は別として)。

最近ではO/Rマッパーを使うことが増えてしまっているのですが、どうしても冗長的な、最適化されていないSQL文になりがちです。A5:SQL Mk-2の実行計画を見つつ磨きをかければ理想的なSQLになり得るでしょう。ボトルネックになりやすい部分だけに最適化を十分考慮したいところです。

A5:SQL Mk-2 - フリーの汎用SQL開発環境/ER図ツール

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2