ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

nvmwはWindowsで複数バージョンのnode.jsをサポートするソフトウェアです。

rvmやpython_selectなど一つの言語で複数のバージョンをサポートするための仕組みが便利です。Windowsでnode.jsを使った開発をしているならばnvmwを導入しましょう。


インストールする際にはGitとPython2.7が必要です。まずGitでcloneしてきます。


ついでパスを設定します。


ヘルプです。利用は難しくありません。


バージョン0.6.0をインストール中です。installとuseを使って切り替えます。バージョンが分からない場合はlsオプションを使います。

nvmwを使うと色々なバージョンのnode.jsをインストールして切り替え、その動作を確認できます。node.js開発者の人にとってかなり役立つソフトウェアなのではないでしょうか。

nvmwはバッチファイル、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

最近、この手のソフトウェアが増えています。複数のバージョンのソフトウェアを一つの環境下で切り替えて動作させられるソフトウェアです。利点は幾つかありますが、大きく分けて3つあると思われます。まずバージョンごとに動作が異なるソフトウェアの場合、新しいバージョンでの動作確認を行うのに使えます。

もう一つはユーザ権限下で動作するのでいちいち管理者権限に切り替えたりする必要がないことです。最後にユーザ環境であれば他の環境を汚さないので余計な不具合になりづらいということです。OSに直接組み込んでしまうよりも安全で手軽なので、他の言語でも欲しい仕組みです。

hakobera/nvmw - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2