ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BeautipediaはWikipediaの可読性を向上させるSafari機能拡張。

BeautipediaはSafari機能拡張のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。Wikipediaのコンテンツは見ていて飽きない。リンクを辿っていけば新しい未知の知識がそこに存在する。どんどんクリックしていくうちに全体としての概要が把握できたりする。とても素敵なWebサービスだ。


一例

そんなWikipediaではあるが、あまりにも文字だらけ、リンクだらけであるためにあまりインターネットに慣れていない人では圧倒されてしまって見る気になれない。そこで使ってみたいのがWikipediaを見事にフォームチェンジするBeautipediaだ。

Beautipediaをインストールした状態でWikipediaに行くと、これまでと全く違った印象を受けるはずだ。まずサイドバーがない。さらにリンクの下線もない。文字は大きく、とても見やすい。上の方にある閲覧者にはおおよそ関係のない機能も見えなくなる。


メニューは右上に

中央寄せのデザインで、とにかく可読性が向上する。リンクはマウスオーバーで表示される。フォントやデザインが変わることによってここまで読みやすくなるのかと驚くくらいだ。Wikipediaを頻繁に見る人ほど、入れておくとストレスなく読み進められるようになるだろう。


MOONGIFTはこう見る

Wikipediaは学術的な側面もあるので、読ませるという目的においてはあまり優れていない。しかしその点を補助できるのもソフトウェアの素晴らしい所だろう。Beautipediaが面白いのはフォントを機能拡張の中に内包している点だ。これによって表示フォントを変更している。

運営側も機能や使い勝手を考えた上でデザインしていると思われるが、万人がそれで満足する訳ではない。とは言え苦労して使い続ける必要はなく、自分で幾らでもカスタマイズできるのが今のブラウザだ。Beautipediaを参考にすれば他のサイトでも可読性高いWebサイトに仕立て上げられるだろう。

gingerbeardman/Beautipedia.safariextension - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2