ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

oodiffはodt2txtを使ってOpenDocument同士の差分を出力する。各種バージョン管理システムに対応。

oodiffはBashスクリプト製のオープンソース・ソフトウェア。OpenOffice.orgやLibreOfficeはMS Officeと常に比較されてきた。互換性が完璧にならないと導入できないというなら、一生導入できないだろう。だが全員が全員MS Officeの高いライセンスを必要としているだろうか。


差分表示

特に開発メンバーなどについては必要としていないメンバーも多いのではないだろうか。むしろ開発ドキュメントなどはLibreOfficeの方が他のオープンソース・ソフトウェアとの親和性が高いかもしれない。その一つ、oodiffを紹介しよう。

oodiffはOpenDocument形式のファイルの差分をチェックできるソフトウェアだ。OpenDocumentなので、ワードプロセッサ、表計算、プレゼンテーションなど各形式が扱える。二つのファイル間の差分を標準出力してくれる。実際のテキスト変換はodt2txtというツールが行っているので別途インストールが必要だ。

面白いのはSubversion、Mercurial、Gitといったバージョン管理システム向けの設定もあることだ。これによってSubversion内で管理されているOpenDocumentの差分が確認できる。これはMS Office系のツールで行うのは面倒ではないだろうか。oodiffを使えばワードプロセッサを使った仕様書の管理も容易になりそうだ。


MOONGIFTはこう見る

企業とのファイルの授受でもMS Office系のファイルを使うことが減ってきたように思う。個人的にはここ数年、MS Officeを起動したことがないかも知れない。Mac OSXを使っているからというのもあるが、ファイルの閲覧と簡易的な編集くらいならLibreOfficeで事足りている。

MS OfficeからOpenOffice.orgなどへ移行できない最大のネックは互換性以上にスイッチングコストが大きいというのが理由ではないだろうか。もちろん費用対効果なので誰でも移るべき、という訳ではない。だが面倒だからという理由で検討も費用対効果も考えないのはあまりにも愚策だろう。

OpenDocument, diff, and revision-control

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2