ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Web 2.0 TouchはjQTouchをベースにしたiOS最適化サイト構築テンプレート&ライブラリ。

Web 2.0 TouchはHTML5/JavaScript製のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。iPhone、iPadといったいわゆるiOS向けのWebサイト開発のニーズが出始めている。iPhoneはデスクトップ向けWebサイトがある程度見られるというのが利点ではあるが、やはり小さい画面では見づらいケースも多い。


メイン

そんな時にズームしたりパンしたりする操作を繰り返すのはストレスがたまる。さらに送信される情報も多いので表示に時間がかかるのも難点だ。そこでiOS向けWebサイト開発に使ってみたいテンプレートがWeb 2.0 Touchだ。

Web 2.0 TouchはHTMLデザインだけではなくJavaScriptによるアニメーション操作も提供される。例えば画面スライドを上下左右にしたり、上下左右に回転してページ切り替えすることもできる。テーブルビューライクのリスト表示も可能だ。


アニメーション

ボタンも黒、灰色、青、赤など多数の色から選択できる。その他タブ表示やモーダルウィンドウもできる。テーマに対応していて色を切り替えることも可能だ。リスト表示に若干の物足りなさは感じるが、Web 2.0 Touchをベースにすればネイティブアプリレベルのアニメーションを使ったダイナミックなWebサイトが作れるかもしれない。


MOONGIFTはこう見る

同様のライブラリとしてはjQTouchやjQuery Mobileになるだろう。jQTouchは過去に試した限りではシステム上の束縛が強かった覚えがあるので、利用していない。jQuery MobileはUIコンポーネントがそれほど多くなかったのが残念だった。Web 2.0 TouchはそのjQTouchの物足りなさを追加したソフトウェアとのことだ。

Web 2.0 Touchについてはアニメーションやリスト表示については申し分ない。後は多彩な表示にいかに素早く対応できるかだろう。そうしたコンポーネントが増えれば、既存のデスクトップ向けWebサイトをパーツに分解して最適化サイト向けに組み直すだけでできるようになる。最適化サイトのニーズは高くなっているので、こうしたライブラリに注目して早めに対応していきたい。

Web 2.0 Touch

デモ:Web 2.0 Touch

web20boom/Web-2.0-Touch - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2