ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SCSS EditorはNetBeansにSCSS対応のハイライト、CSS自動生成機能を追加するプラグイン。

SCSS EditorはNetBeans用のオープンソース・ソフトウェア。最近JavaScript界隈で人気が集まっているのがCoffeeScriptだ。Railsでは3.1から正式採用されると言われており、Titaniumの開発でも利用できる。JavaScriptで物足りなく感じていた所を埋め合わせてくれる面白い言語だ。


エディット画面

同様の試みとしてCSSでもSCSSが知られている。CSSで面倒に感じてしまうネストして書けない、変数が使えないと言った不便さを解消してくれるCSS拡張版だ。そんなSCSSをNetBeansから使いやすくしてくれるのがSCSS Editorだ。

SCSS EditorはNetBeansプラグインとして提供される。インストーすると新規ファイルとしてSCSSが選べるようになったり、ハイライト処理に対応してくれる。変数名や計算処理等を埋め込んだSCSSを作成する際に分かりやすくなる。


設定

さらにSCSSのホームを設定することで、保存した時に自動的にCSSファイルを生成してくれるようになる。都度変換するような手間があるとなかなか使えないが、保存するたびに自動的に生成されるなら気楽に利用できるようになるだろう。NetBeans限定なのが惜しいくらいのソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

CoffeeScriptでも保存した時に自動でJavaScriptを生成したり、ファイルの変更をフックして変換してくれるソフトウェアが存在する。幾ら便利だとはいっても、都度手作業で変換しなければならないならば普及しないだろう。だが、そうした決まった作業をするのにコンピュータはぴったりだ。

SCSSは独自のスタイル設定なので、そのままCSSとして使える訳ではない(標準的に書くこともできるが、それだとSCSSを使う意味がない)。そのため自動生成してくれないと思い切って使えないだろう。自分の好きなエディタがSCSSに対応していれば試してみてはいかがだろう。

scss-editor - Netbeans plugin for Scss language - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2