ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

この記事は宣伝記事になります。

前回に続いてMicrosoft社のWeb開発ツールWebMatrixを紹介したい。今回はWebMatrixを使って世界で最もシェアの高いと思われるオープンソースのブログエンジン(兼CMS)であるWordPressをインストールする流れを説明する。

といっても一通りの流れはほぼ自動化されている。まずWebMatrixを起動する。まだインストールしていない人はこちらからダウンロードして欲しい。起動するとクイックスタートが表示されるので、Webギャラリーからサイトを作成するを選択する。

クイックスタート画面

そうすると既に登録されている多数のオープンソース・ソフトウェアが一覧表示される。ブログ、CMS、Eコマース、フォーラム、ギャラリー、ツール、Wikiとカテゴリも様々だ。今回はWordPress日本語版パッケージを選択した。選択したら次へを押す。

英語版などもリストアップされているので注意して欲しい

ライセンス条項の確認

ここでインストールされるWordPressは最新版になる(執筆時点では3.2.1 日本語版)。ライセンス条項を確認し、同意するボタンを押すとWordPressのダウンロードが開始される。もしその際にローカルにPHPやMySQLといった環境がなかったとしても自動的に一緒にインストールを行ってくれる。それが終わるとアプリケーションのパラメーターという画面が表示される。ここでは主にデータベースの設定を行うようになっている。既存のデータベースを使うこともできるし、新規で作成するのもこの画面上で指定できる。

データベース設定画面

無事インストールが完了

後はインストールが完了するのを待つだけだ。1分もかからず完了するだろう。

ここまででWordPressの基本的なインストールは完了している。だがテーブルはまだ作成されていない。既にWordPressは立ち上がっているので、サイト機能に表示されているURLにWebブラウザからアクセスする。そうするとおなじみのWordPressインストール画面が表示される。この画面ではいつも通りWebサイトのタイトルを入れたり、管理者アカウントのユーザ名やパスワードを設定する。これも特に問題なく、すぐに完了するだろう。

サイト画面。既にWordPressは立ち上がっている

テーブルはまだない

ブラウザでWordPressのセットアップを行う

セットアップが終わればテーブルが作られているのが分かる

管理画面にログイン完了

WordPressのセットアップが終わるとデータベース内にテーブルが作成されているのが分かる。日本語の値が入っているのも確認できる。ここでテーブルデータを編集すれば実際にWebアプリケーションに反映される。

ファイルの編集。ハイライト表示に対応している。

ファイル機能の中にはセットアップしたWordPressのファイルが全て表示される。ファイルを開いて編集することが可能だ。新しいファイルを追加することもできるし、WordPressの管理画面からテーマやプラグインをインストールすればこのファイルツリーに追加される。既存のプラグインをメンテナンスしたいといった時やテーマをカスタマイズして自分好みに仕上げたいという時にも役立つだろう。HTML、PHP、JavaScript、CSSといったファイルのハイライト処理に対応しているので編集しやすいだろう。

プラグインをインストールした後、編集している所

WordPressのユーザビュー。テーマの編集にも向いているだろう。

レポート機能を使えば現状のWebサイトにおける問題点も一目瞭然だ。今回試したデフォルトのテーマではh1タグがページ内に複数あるということでSEO的に改善した方が良いという提案が表示される。この時、ファイルの編集を押すとWordPressルート直下のindex.phpが開いてしまうのは致し方ないかもしれない。実際に書かれているファイルはテーマ内だと思うので、ツリーを辿って編集するといいだろう。変更した後、再度レポートを作れば改善が確認できるはずだ。

レポート機能による改善案

システムの変更が終わり、WordPressを外部に公開したいと思ったら発行機能によって簡単にデプロイすることができる。Web配置またはFTPによる発行が可能だ。なおFTPの場合はデータベースは別途設定する必要があるので注意して欲しい。

まとめ

WebMatrixはWebアプリケーションのインストール、開発、テスト、配置まで一通りの作業を一つのソフトウェアでこなしてくれる。Webアプリケーション自体に手を入れる場合はもちろん、プラグインの開発やテーマの作成にも役立つだろう。特にデータベースのビジュアルブラウザが内蔵されているので、WordPressをインストールしつつphpMyAdminをインストールして…と手間をかけていた人にとっては作業開始までがスムーズになるのではないだろうか。もちろんWebMatrixはWeb開発の全ての行程で使えるが、必要に応じて自分好みのツールと組み合わせて使っても良いだろう。

またインストールしたWebアプリケーションがそれぞれ別なポートで立ち上がるのも良い。サブディレクトリだとエラーになってしまったり、画像のパスがルートから呼び出されてたりするWebアプリケーションもあるので無用な干渉がない分、開発がスムーズになるだろう。Webサーバを立てたり、開発ツールをインストールするのに手間を感じていた人は使ってみて欲しい。

WebMatrixのインストールはこちらからどうぞ!

Microsoft Web Platform

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2