ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

qlipseはEclipse for Mac OSXにQuickLook機能を追加するプラグイン。

qlipseはEclipse for Mac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。Mac OSXユーザであればQuickLookの便利さを良く知っているはずだ。Finder上でスペースキーを押すだけで大抵のファイルは内容を閲覧できる。送られてきたファイル等、とりあえず内容を見たいだけの時にとても便利だ。


XMLの内容確認

そんなQuickLookと同様の機能は数多くのソフトウェアで取り入れられてきた。QuickLookと同じくスペースキーに対応したもの、クリック一つで閲覧するものなどがあるが、QuickLookをEclipseに移植したのがqlipseだ。

qlipseはEclipse用のプラグインであり、通常のプラグインインストールと同じプロセスでインストールが可能だ。インストールが完了すれば、後はPackage Explorerにおいてスペースキーを押せば内容が確認できるようになる。選択したファイルを変えてもその場では内容が変わらないようなので注意して欲しい。


複数ファイルの確認

QuickLookを真似ているのではなく、QuickLookの機能をそのまま使っているだ(恐らく)。そのため非常に数多くのファイル種別に対応して内容が確認できるようになる。複数ファイルを選択してまとめて内容の確認もできる。編集するまでもない画像やREADMEなどの内容をささっと確認するのに便利なソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

ファイルを扱うのはビューワーとエディターの二種類が存在する。エディターはビューワーも兼ねているが、動作が重たいのが難点だ。ビューワーは編集ができないが、素早く動く。専用のビューワーはあまり使ったことがなかったが、QuickLookを体験すると「ああ、こういうことだったのか」と気付かされた。

編集したいと思わないファイルながら内容を確認したいと思うケースは意外と多い。開発時など多数のファイルを扱う時にはそう感じるだろう。WindowsにはmaComfortというソフトウェアがある。こちらは後日試してみたい。Windowsユーザの方は試してみてはいかがだろう。

qlipse - The Eclipse integration for Quick Look on Mac OS X - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2