ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Invisible.jsはJavaScriptでローカルテキストファイルを読み込んでHTML化して表示するドキュメント整形ライブラリ。

Invisible.jsはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。開発ドキュメントをWebベースにする動きがある。最もシンプルに実装するのはWikiベースにすることかも知れない。だがWebブラウザのテキストエリアに長文を記入していくのは面倒くさいだろう。


表示例

そこで使われるのがテキストファイルを書いて、それをWebサーバから読み込ませる仕組みだ。そんな時はサーバサイドの用意をせずとも利用できるInvisible.jsが便利だ。

Invisible.jsのデモではMarkdown記法で記述されたテキストとHTMLが表示される。だがHTML中にテキストはない。Ajaxを使って動的にコンテンツを読み込んでいるのだ。対応フォーマットはMarkdown、Textile、Wiki、JSON、HTMLとなっている。


リンクやプレタグなどにも対応

それらを動的に読み込んで表示する。さらにリンクのアンカータグを使って別なファイルを読み込むこともできる。サーバサイドのスクリプトを使っていないので、Dropboxや共有フォルダに入れておいても使えるのが便利だ。なおローカルで使う場合は、IEでは警告、Chromeではオプションを付けて起動する必要があるのでご注意いただきたい。


MOONGIFTはこう見る

Invisible.jsを使うとドキュメントはテキストファイルで書いておき、表示はWebベースで行うという環境が簡単に実現する。しかもサーバサイドの用意は何もいらない。開発のドキュメントフォルダに入れておくと便利に使えるのではないだろうか。

Web向けのソフトウェアといえども、サーバサイドの仕組みは必須ではない。なければより広く受けいれられるはずだ。メモをオンラインで公開したり、Wikiのエンジンに組み込んでみるのも面白そうだ。

Documentation | Invisible.js

Markdown・Textile・Wiki記法をサポートしたJavaScript製ドキュメントフレームワーク「Invisible.js」を公開しました(オープンソース) | Chrome Life

デモ:Examples | Invisible.js

invisible-js - Javascript Documentation Framework (Markdown, Textile, Wiki format support) - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2