ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WebianはGeckoエンジンを使ったフルスクリーンWebブラウザ。

WebianはHTML/JavaScript製、Chromelessを使ったオープンソース・ソフトウェア。Googleの開発するChrome OSでは、Google Chromeを全面的に採用し、OSをWebブラウザで担ってしまう。非常に野心的なOSとなっており、使う際にはこれまでのOSの使い方を根本から変えないといけないものになっている。


トップ

Webアプリケーションを徹底的に使っていくならばそれでも良いだろうが、やはり通常は難しい。そこで使ってみたいのがWebianだ。

WebianはフルスクリーンWebブラウザとでも言うべきソフトウェアだ。デスクトップがまるで表示されないのでChrome OSと同じような表示になる。だがChrome OSがWebKitを使っているのに対して、WebianはChromelessを使っているのでGeckoとなっている。


MOONGIFTを表示した所

タブブラウザになっており、各サイトは下のタブに並ぶようになっている。まるでタスクバーだ。日本語は問題なく表示されるが、Googleの認証がなぜか使えなかった。画面下には時間が表示され、さらに電源ボタンで終了するなどOSと似ていて面白いソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

Chrome OSは現在開発の段階ではあるが、開けて数秒でWebにアクセスというコンセプトは非常に弱いと感じてしまう。そのために失ったものがあまりに多いのだ。インターネットはコンピュータ操作に欠かせないものになっているが、それでも全てではないという人のが多いのではないだろうか。

Webianはその点にバランスが良い。起動するとフルスクリーンで表示されるのでWeb利用に没頭できる。もちろんローカルストレージなどはそのまま使える。よりWebの世界に溶け込むためのWebブラウザと言える。OS的な機能がもっと加われば、さらに魅力を増すことだろう。

Webian

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2