ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Audirvanaは音楽ファイルをより良い音で聴くための音楽プレーヤ。

AudirvanaはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。音楽の世界にはまり、上等なオーディオ機器を求め始めると止まらなくなってしまうらしい。機器だけでなく、聴くための環境までこだわりはじめてしまうらしい。


プレーヤとプレイリスト

MP3を使った音楽ファイルを聴く上であれば、そんなところにこだわっても殆ど意味はないだろう。だがちょっとでも良い音で聴きたいという人はAudirvanaを使ってみよう。

AudirvanaはMac OSX用のオーディオプレーヤだ。聴くと分かるが明らかに音が違う。特徴としてはネイティブにFLACに対応し、MP3やAACにも対応する。サウンド出力に直結する仕組みをとっており、システム環境設定とは別で設定を行うようになっている(そのため他のサウンドは鳴らなくなる)。


設定画面

サンプルレートの自動切り替え、メモリから再生するようになっており、CPUやHDDによる干渉を最低限にしている。プレイリストへの対応やApple IRリモートによる操作も可能だ。UIもちょっと古めのオーディオ機器のようで良い。より良い音で音楽を聴きたい人はぜひ使ってみよう。


MOONGIFTはこう見る

何をもって良い音とするのかは筆者は素人なので判断が難しいが、iTunesで聴いた場合とAudirvanaを使った場合で音が違うのは分かる。それくらいの違いはある。同じデジタルファイルでもソフトウェアによって音が変わるというのはとても面白い。

デザインもそうだが、感性に関わるサービスというのは善し悪しが人によって異なり、正解がない。それだけに自分がよしと思うものをより探求できる分野でもある。より自分の好きな分野を探求してみるのも面白そうだ。

Audirvana

audirvana - OSX Audiophile player - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2