ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

キャラクターなんとかJはパーツを組み合わせてオリジナルキャラクターを作成するソフトウェア。

キャラクターなんとかJはJava製のオープンソース・ソフトウェア。ゲームやイラストを描く上でキャラクターは欠かす事ができない。魅力的なキャラクターを作れれば、それだけヒットする可能性が高まるというものだ。しかしオリジナルのキャラクターを作るのは難しい。


作成した例

そこで考えてみたいのがアバターのやり方だ。体のパーツを細かく分けて、それぞれ選んでいくだけで一つのキャラクターができあがる手法だ。自分だけのキャラクターを作れる、そんなソフトウェアがキャラクターなんとかJだ。

キャラクターなんとかJはWindows用のキャラクターなんとか機というソフトウェアを真似てJavaで作られたソフトウェアだ。パーツは髪型(手前、後ろ)、頭、表情、目、体、アクセサリーと選ぶ事ができる。パーツは自作も可能だが、既に多数の素材が有志によって作成されている。


パーツの管理

パーツを選んでキャラクターを完成させたら画像で保存できるようになっている。モンタージュ的にオリジナルキャラクターを作成できるのは面白い。ゲームやイラスト以外でも、プロフィール画像に使ったりと様々な用途が考えられそうだ。


MOONGIFTはこう見る

この手のオリジナルキャラクターを作るニーズはとても強い。MiiやAndroidメーカーは人気が高い。ゼロからの創作となるとクリエイティブでとても敷居が高いが、選んでいくだけで作れるというのはとても簡単で、それでいて面白い。

システム開発でも同様だ。パーツを選んでいくだけでそれなりのシステムが作れるサービスは人気がある。人をクリエイティブにするサービスを考えてみると、流行る可能性がありそうだ。

via キャラクターなんとかJ | dps

キャラクターなんとかJ プロジェクト日本語トップページ - SourceForge.JP

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2