ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Glitch CameraはiPhoneで撮影した写真にグリッチ処理を施すカメラアプリ。

Glitch CameraはiPhone用のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。カメラには詳しくないのだが、ただ奇麗であれば良いという訳ではない世界だ。独特な世界を写し出せる方が面白く、撮影対象によってカメラを切り替えるのだ。


一例

トイカメラやピンホールカメラなど様々なカメラが存在する。iOSでも撮影した写真に自動加工を施したり、トイカメラ風に撮影したりするアプリは人気がある。その一つ、グリッチ風に加工するカメラアプリがGlitch Cameraだ。

グリッチというのは電子回路に現れるノイズのことだ。言ってみれば壊れた状態のようなものだが、それをソフトウェアで行うのがGlitch Cameraになる。グリッチの種類やその量を選ぶ事ができ、壊れてしまったかのようなノイズが走ったイフェクトを写真に施す。


設定画面

起動した後、カメラで普通に撮影するとグリッチ処理が行われる。その結果は保存される訳ではないのでスクリーンショットを撮らないといけないようだ。撮影対象によって向き不向きがあるが、このような乱れた感じの写真が撮りたい時にぴったりのソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

写真の世界は実に奥深い。わざと乱れた感じにする、古ぼけた感じにする、周囲にフィルタをかけるといった類のアプリは人気がある。見たままに世界をおさめるのではなく、加工する事で逆に味わい深くて自分だけのオリジナルの写真に仕上がるのだ。

グリッチもその一つだろう。こうした撮影手法は他にも数多く存在すると思われる。そうした手法をデスクトップを使わずにiPhoneだけで実現できるようにすれば、きっと人気が集まるはずだ。

NSData を glitch して iPhone を Glitch Camera にした - UDONCHAN

udonchan/Glitch-Camera - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2