ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CubePDFはWindows用の仮想プリンタとして動作するPDF作成ソフトウェア。

CubePDFはWindows用のオープンソース・ソフトウェア。PDFはビジネス上、欠かすことのできない文書フォーマットになっている。閲覧するだけでなく、作成することも容易にできるようになっており、Windowsにおいてはプリンタドライバを介して作成されることが多いようだ。


メイン画面

仮想プリンタを介することで、印刷する手順でPDFを作成し保存できる。その時に欲しい機能はパスワードをつけたり、特定の機能について使えないようにするといった操作だろう。そうした機能を網羅し、なおかつ無料で使えるソフトウェアがCubePDFだ。

CubePDFはGhostscriptやRedMon、iTextSharpといったオープンソース・ソフトウェアを組み合わせつつ、GUIインタフェース上からPDFを作成するソフトウェアだ。パスワードによるロック、印刷やテキストコピー、フォーム入力などに制限を施すこともできる。PDFのバージョンを指定して作成することもできる。


セキュリティ

日本のソフトウェアだけあって日本語は問題なく扱える。そして面白いのはPDF以外にも画像やEPSなどに出力する機能があることで、SVGまで用意されている(SVGだとメモリのエラーが出ることがあった)。PDF作成以外にも使える、ユニークなソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

CubePDFはそのままでも十分使えるのだが、cubepdf-user-extended(ユーザ機能拡張)やcubepdf-redirect(別な処理への引き渡し用と思われる)が用意されており、拡張性も感じさせる作りになっている。PDFを生成した後、別な処理に渡すことも容易に実現できそうだ。

PDFを作成すること自体は特別でも何でもなくなっている。次のステップはどう活用するかだ。CubePDF単体では自動化は難しいと思われるが、より効率的な業務を行うためにCubePDFとPDFを活用できるのではないだろうか。

無料PDF作成ソフト CubePDF - CubeSoft

cube-soft/cubepdf - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2