ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Express on railwayはnode.js用のRails風Webアプリケーションフレームワーク。

Express on railwayはJavaScritp/node.js製のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。Rubyは元々優秀な言語であったが、ここ数年の爆発的な普及にはRuby on Railsの存在があったというのは間違いないだろう。


プロジェクト開始

どんなにプログラミング言語が優れていても、キラーアプリケーションになるものが必要なのだ。それはnode.jsについても同じかも知れない。node.jsにおけるRails的存在、その可能性を感じさせるのがExpress on railwayだ。

Express on railwayはRuby on Railsを真似たnode.js用Webフレームワークだ。まずプロジェクトを生成する機能を使うと、app/config/logs/publicといったRailsならお馴染みのディレクトリが生成される。appの中にはcontrollers/helpers/models/viewsも作られる。


ファイル一覧

そしてRailsばりのルーティング機能や、jake routesコマンドによるルーティング情報の一覧表示、link_toやform_forといったヘルパー、コントローラー、ジェネレータ、モデルなどRailsばりに便利な機能が揃っている。node.jsが普及するきっかけにつながりそうな、ぞくぞくするソフトウェアだ。


MOONGIFTはこう見る

個人的にRailsが普及するに至った幾つかの段階があると思っている。まずRails自体の完成度の高さ、機能の豊富さだ。これはExpress on railwayがまさに体現している。足らないのはマイグレーション機能くらいかも知れないと言うほど、何でも揃っている。

そしてHerokuの存在。これはHeroku自身もnode.jsに対応しているし、nodefuもその一翼を担うだろう。そして最後はmod_rails(Passenger)の登場だ。おそらく今年中にはmod_nodejs的なものが登場するはずだ。乗り遅れる前にnode.jsをチェックされたい。

Express on railway

1602/express-on-railway - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2