ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SynchroEditはJava/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。GoogleドキュメントなどWebベースのオフィススイートが登場したことで、Webアプリケーションの活用がさらに活発になっている。となれば次に必要になるのはテキストエディタではないだろうか。


Screen-shot 418.png

デモサーバより

 

Googleのような外部のシステムは使えないといった時は、社内にコラボレーションサーバを立てれば良い。コンテンツを同時編集できる環境があれば、新しい業務の進め方も生まれてくるのではないだろうか。それを可能にするのがSynchroEditだ。

かつてEtherpadというサービスがあったが、あれはテキスト装飾はなくテキストのみのコラボレーションだった。対してSynchroEditはWYSIWYGエディタを備え、装飾を交えたテキスト編集が可能になっている。仕組みとしてはJavaサーバが同期を管理するようになっている。

誰が編集している部分かは色が変わって表示されるようになっている。さらに参加者が一覧で表示され、チャットを行えるようになっている。遠隔地とのテキストコラボレーションが容易にできる。画像や動画は差し込めないが、装飾を使うことでよりコラボレーションが促進されるはずだ。


 

MOONGIFTはこう見る

テキストコラボレーションについては様々な技術、サービスが開発されているが今ひとつ進んでいない。Webサービスを通じて一元化されるか、共通プロトコルによってOS間の壁を越えるかのどちらに可能性があると思われる。

とは言え、Webアプリケーションの魅力としてコラボレーションの占める割合は大きい。遠隔地のみならず社内での情報共有にも役立つはずだ。

 

デモ

 http://www.synchroedit.com/client/

SynchroEdit

 http://www.synchroedit.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2