ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

AirPrint HacktivatorはMac OSX用のフリーウェア。iOS4.2(実際には4.2.1)が正式リリースされた。今回の目玉機能の一つがAirPrint、無線LAN経由の印刷機能だ。最近のプリンタではSDカードを使ってPCを介さずに印刷する機能があるが、あれのiOS版とも言える。


Screen-shot 412.png

トグルで切り替える

 

無線経由なのでコードを接続する必要がない。さらに写真に限らずWebページやPDF、アプリ独自の内容も印刷できる。アプリ側の対応が必要だがビジネス用途に限らず地図アプリなどでも役立つことだろう。現在はePrint対応必須となっているが、それを普段使っているプリンタでも使えるようにするのがAirPrint Hacktivatorだ。

AirPrint HacktivatorはMac OSX 10.6.5に対応したソフトウェアで、プリンタ共有機能を使ってAirPrint機能を使えるようにする。プリンタ共有なので、無線対応のプリンタでなくとも利用できるのがメリットだ。母艦が起動していなければ使えないが、大きな問題にはならないだろう。


Screen-shot 413.png

後はプリンタの共有設定

 

使い方は簡単でOn/Offの設定があるのみだ。実際には10.6.5で追加された設定を追記しているのみだ。AirPrint Hacktivatorを使えば既にある資産を使ってAirPrintを楽しめるようになる。いつも便利に使っているアプリの対応を待ち望んでしまう。

 


MOONGIFTはこう見る

AirPrintについては実際使ってみれば便利であろうが、対応プリンタがなければ使えないのがネックだった。だが○を使えば普段使っているプリンタがAirPrint対応になる。これは大きなアドバンテージになるだろう。

対応アプリが増えればハードウェアベンターもePrintに対応するだろうが、数が少なければ難しい。プリンタが少なければアプリの対応も遅々とする。そのトリタマを解消する便利なソフトウェアだ。

 

AirPrint Hacktivator « Netputing

 http://netputing.com/airprinthacktivator/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2