ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Cached CommonsはWebベースのオープンソース・ソフトウェア。jQueryやPrototype.js、各種MVCなどJavaScriptが利用されるケースは増え続けている。それに伴ってWebブラウザ側で読み込む量も増加している。これは意外と帯域を使う。


Screen-shot 16.png

様々なライブラリがそろっている

 

アクセスが少ない内は良いが、数百万アクセスに対して多数のJavaScriptファイルを送信するとなると速度面も問題になる。そこで使われるのがCDNだが、無料で使えるものとしてCached Commonsを紹介しよう。

Cached Commonsはグラフ化、HTML5、IE用、jQuery(本体&プラグイン)、3D、物理エンジン、MVC、Flash、テスト、WYSIWYGライブラリを提供している。GithubのCDNを使っているので高速に配信できるのが特徴となっている。ライブラリを選択してCOPY TAGSを選ぶと埋め込み用タグが表示される。


Screen-shot 17.png

WYSIWYGも色々と

 

類似のサービスとしてGoogle Libraries APIが知られているが、それをもっとコミュニティベースにしたイメージだろうか。外部サービスのデータを使えない場合は、まとめてライブラリをダウンロードすることも可能だ。JavaScriptライブラリへのリポジトリ(これもGithubが多い)やドキュメントへのリンクもあるので、開発者は便利に使えるのではないだろうか。

 

Cached Commons

 http://cachedcommons.org/

viatropos's cached-commons at master - GitHub

 http://github.com/viatropos/cached-commons

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2