ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

whereamiはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア。携帯電話では位置情報(GPS)が当たり前になってきている。これによって都度住所を入れる必要もなく情報を得られたり、位置を使った新しいサービスが生まれたりしている。


スクリーンショット(2010-02-22 11.35.14).png

自動的に表示されるダイアログ

 

そんな位置情報を取得する仕組みはノートPCでも使われるようになるだろう。Snow LeopardではCoreLocation.frameworkによってWiFiを使った位置情報取得が出来るようになっている。そんな位置情報取得機能をデモできるのがwhereamiだ。

whereamiを実行するとiPhoneではお馴染みの位置情報取得に関するダイアログが出る。ここでOKボタンを押せばCoreLocation.frameworkによって位置情報を取得し、コンソールログに緯度経度を出力する仕組みになっている。


スクリーンショット(2010-02-22 11.36.14).png

位置情報はログに書き出される

 

仕組みはとても簡単で、数行で実現できてしまう。精度はといえば、WiFiということもあってあまり高くはないようだ。だが精度が多少落ちたとしても十分なケースもあるだろう。ノートPCレベルでも色々な仕組みが作り出せそうだ。

 

victor's whereami at master - GitHub

 http://github.com/victor/whereami

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2