ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

jHtmlAreaはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア。Webシステム開発においてJavaScriptを使わないプロジェクトの方が多くなった。そしてブラウザ互換性のためにもprototype.jsやjQueryのようなフレームワークを利用することが多い。


スクリーンショット(2010-01-14 12.04.41).png

jQueryで作られている

 

特にjQueryはプラグインが多数存在することもあって人気が高い。そんなjQueryを使ってブラウザベースのHTMLエディタ(WYSIWYGエディタ)を実現したのがjHtmlAreaだ。CKEditorのような大型なものでなくとも十分ならばjHtmlAreaが使い勝手良さそうだ。

機能はそれほど多くないが、文字のヘッダリング、装飾(太字/イタリック/アンダーライン/打ち消し線など)、配置(インデント、右寄せなど)が可能だ。画像の埋め込みもできるが、URLを指定する必要がある。リンクも同様に外部のURLを指定する必要がある。対応ブラウザが限定されるがコピー&ペースト機能もある。


スクリーンショット(2010-01-14 12.05.45).png

ソース表示

 

スクリプト単体では8.7KB程度とごく軽量だ。対応ブラウザはIE7以上、Firefox3以上、Safari4以上となっている。jQueryを使った開発で使ってみたいソフトウェアだ。

執筆時のバージョン

 0.7.0

 

jHtmlArea - WYSIWYG HTML Editor for jQuery

 http://jhtmlarea.codeplex.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2