ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PyxerはPython製のオープンソース・ソフトウェア。最近のプログラミング言語には様々なフレームワークが存在する。汎用的なものを使うのも良いが、環境に応じて特化したものを利用するというのも良さそうだ。環境に合わせることでよりスムーズな開発ができるようになる。


ピクチャ 58.png

Google App Engine向けに使えるPythonフレームワーク

 

Googleのクラウド環境であるGoogle App Engineは仕組みが一般的な専用サーバ等と大きく異なる。既存のフレームワークをApp Engineに合わせるのではなく、特化したものを選んでみるという選択はどうだろう。Pyxerはまさにそのためのフレームワークだ。


Pyxerはeasy_installを使ってインストールするフレームワークで、コントロール、テンプレート、モデルと分けて開発ができる。モデルはDataStoreを使うのだがElixirがライブラリとして勧められている。コントローラだけで値を返却することや、テンプレートへ変数を引き継ぎつつ表示することもできる。


ピクチャ 59.png

テンプレートを使わずに出力もできる

 

Google App Engine用ではあるが、WSGIにも対応している。根幹としてPasteを用いている。そのためApacheと連携して動かすこともできる。画像アップロードやJSON出力なども使えるようになっている。何となくDjangoを使って開発するのが当たり前に感じていたが、機会があれば試してみたいフレームワークだ。

 

pyxer - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/pyxer/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2