ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google Map SaverはWindows向けのフリーウェア。地図を持ち歩きたいという人は多い。電波の届かないところで地図をチェックしたいと言った場合、オフラインで持ち歩ける地図があると重宝する。そのような理由でGoogleマップを印刷して持ち歩く人も多い。


3dsearch3.png

位置を指定して見たままに画像化する

 

だが都度印刷するのは面倒なので、パソコンや携帯電話に画像として保存しておけると便利だ。それを可能にするのがGoogle Map Saverだ。Google Map SaverはGoogleマップの検索を行い、その結果表示されている内容をそのまま画像として保存するソフトウェアだ。


画面サイズが様々に設定でき、表示されている内容を画像として保存する。なので予め画面の大きさを設定しておく必要がある。最大4096×4096の大きさまで作成が可能で、各種携帯電話の画面サイズに合わせた大きさ(iPhoneもある)が選べるようになっている。


3dsearch6.png

最大サイズではこのくらいに

 

後はズームレベルや画像形式を設定して保存を実行すれば良い。通常のマップ表示の他、衛星写真や地形表示も選ぶことができる。巨大な一枚地図を持っていれば、オフラインでも閲覧できて便利だろう。場所の検索が日本語ではできないのが残念ではあるが、表示された後にドラッグして動かしたりズームを変更すると言った微調整は可能だ。

 

Google Map Saver | GUI.brush Blog

 http://www.codres.de/google-map-saver

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2