ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BirdEyeはFlash製のオープンソース・ソフトウェア。グラフ表示を行うライブラリは多数存在する。簡易的なものであればHTMLレベルで描くこともできる。さらに多機能なものが必要であればJavaScriptを使うこともできる。そして複雑なグラフを描きたければ導入したいのがFlashベースのグラフライブラリだ。


ピクチャ 9.png


 

BirdEyeはFlash製のグラフライブラリだが、その機能は実に多彩になっている。あまり簡易的なグラフを描くのには向かないかも知れないが、逆に高度なものを必要とする際にはぜひチェックしたい。棒グラフや円グラフ等の一般的なグラフはもちろん、家系図のようなグラフを描くこともできる。


もちろんFlashを使っているので動的に表示を変更するインタラクティブなグラフを描くこともできる。棒グラフと範囲グラフ、折れ線グラフを吹く動的に組み合わせるようなものを作成可能とあって、高機能なグラフを描きたい用途にはぴったりだ。


ピクチャ 8.png

世界地図ベース

 

マニアックなものとしては地球を描きつつ、各国の形状に合わせたグラフもできる。これは各地域別のデータをビジュアル的に表現したい時にぴったりだろう。他にも3D風に斜めに表示する機能もある。汎用的に用いることはもちろん、可能な機能を覚えておくときっと役立つときがあるに違いない。

執筆時のバージョン

 不明


ピクチャ 12.png

小さなグラフ

 

birdeye - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/birdeye/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2