ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

PowerDNS on RailsはRuby on Rails製のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。DNSを管理するソフトウェアとして有名なものと言えばBINDが有名だ。だがセキュリティ上の問題や管理の複雑さもあって、最近では別なソフトウェアが選ばれるケースも増えている。その一つの選択肢がPowerDNSだ。


ピクチャ 175.png

DNS管理をRailsで

 

PowerDNSの最大の特徴はバックエンドの管理システムにRDBMSを利用できる点だろう。PostgreSQLやMySQLにも対応している。そしてもう一つの特徴はフロントエンドの管理システムが存在しないことだ。そのためユーザはデータベースを管理するシステムとして自由にフロントエンドを選択できる。その一つがPowerDNS on Railsだ。


PowerDNS on Railsはその名の通り、PowerDNSを管理するためのRailsによるフロントエンドだ。ドメインの追加や編集と削除、テンプレートやマクロと言った機能の追加編集に対応している。複数ユーザで管理もできる。また登録されているドメインの数などをレポートする機能もある。


ピクチャ 197.png

ゾーン設定

 

BINDではちょっと慣れるまで管理が大変というイメージがあったが、PowerDNS on RailsであればWebベースのインタフェースで設定項目も多くなく分かりやすい。社内のDNSを管理したり、複数サーバを組み合わせたシステム構成の管理するのにぴったりではないだろうか。

DNSはプロバイダの提供するものをそのまま使うという会社も多いが、社内のサーバを管理したりする際にはやはりあった方が便利だ。BINDではちょっと…と思っていた方はPowerDNS on Railsを使って挑戦してみてはいかがだろう。

 

PowerDNS on Rails

 http://kennethkalmer.github.com/powerdns-on-rails/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2