ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GooglePediaはFirefox/Google Chrome向けのオープンソース・ソフトウェア。インターネット上の「何か」を知りたいときに便利なのはGoogleのWeb検索だ。だがその結果で一番上にWikipediaが出てくることが多々ある。「何か」について概要を知りたいというのであればWikipediaで調べるのがぴったりかも知れない。


ピクチャ 174.png

GoogleとWikipediaの結果を横並びに

 

GoogleとWikipediaは補完的な関係にあるのかも知れない。それであれば同時に調べられれば手間が一つ減る。GooglePediaはそれを実現してくれるFirefoxアドオンおよびGoogle Chromeアドオンだ。Google Chromeの場合は機能拡張を有効して実行する必要がある。


GooglePediaをインストールしてGoogle検索を行うと、画面の右側にWikipediaの検索結果を表示してくれる。映画の題名であったり、用語を検索したときにはとても役立つことだろう。無用であれば隠しておくことができるし、逆に最大化することもできる。広告部分もつぶされてしまうようだ。


ピクチャ 175.png

日本語にも対応

 

広告を除くとGoogleの検索結果の右側はすかすかな状態になることが多かったので、GooglePediaで不足していた情報が埋められたイメージだ。横並びで見てみると用語に関する情報が素早く手に入り、効率的だ。GoogleやWikipediaを使って調べものをすることが多い、と感じる方はGooglePediaを使ってみよう。

 

googlepedia - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/googlepedia/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2