ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Brainstorming Wave GadgetはGoogle Wave用のオープンソース・ソフトウェア。Google Waveではチャットのみならず地図や画像を貼付けたり独自のガジェットを貼付けることができる。そうした拡張性の高さが魅力の一つになるだろう。ガジェットは自由に作成して貼付けることができる。


ピクチャ 186.png

Google Wave上で動作するマインドマッピング

 

今後Google Waveが公開されて広まっていけばガジェットはどんどん出てくることだろう。その手始めとしてBrainstorming Wave Gadgetを紹介しよう。これは名前の通りブレーンストーミングを行うのに便利なマインドマッピングをGoogle Wave上で行えるソフトウェアだ。


多人数で企画ミーティングをする際にブレーンストーミングを行うのは良くある話だ。さらに遠隔地でチャットをしながら話を進める時にマインドマッピングで情報を整理しながら進めるのも面白い。Brainstorming Wave Gadgetを使えば多人数でコラボレーションしながらマインドマッピングが描けるのだ。


ピクチャ 187.png

ノードの形を変更することもできる

 

文字を書き、ドラッグで移動させたり線の色を変えたりすることができる。囲いの形もバルーンや雲型など選んで切り替えることができる。なおHTML5の違いかGoogle Chromeではノード同士が繋がっているが、Safari4では線が表示されなかった。

多人数でマインドマッピングを作っていくと、一人の情報整理よりももっと面白い展開ができるかも知れない。Google Waveの可能性を感じさせる面白いガジェットだ。

 

brainstorming-wave-gadget - Project Hosting on Google Code

 http://code.google.com/p/brainstorming-wave-gadget/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2