ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

世の中には何でもPowerPointでやらないと気が済まないという人たちがいる。Excel使いがそうであるように、PowerPoint使いがいるのだ。余計なソフトウェアを購入するよりはよっぽども良いが、再利用性のない方法をとられても困る気はするのだが…細かいところは気にしないでおこう。


3dsearch13.png

PowerPointを使ってアプリケーションの画面を作る

 

そんなPowerPointウィザードな方々に送る、プロトタイプ作成ツールキットがPowerPoint Prototyping Toolkitだ。

今回紹介するフリーウェアはPowerPoint Prototyping Toolkit、PowerPointを使ってアプリケーションのプロトタイプを作成するツールキットだ。


PowerPoint Prototyping Toolkitは画面や画面を構成するオブジェクトを作成し、PowerPoint2007の形式で提供している。メニューバーやボタン、画面の枠などがあるので、それらをコピーして貼付ければプロトタイプ(モックアップまたはワイヤーフレームとも)が作成できるという仕組みだ。


3dsearch23.png

コントロール一覧

 

意外と便利なのは、プロトタイプを作成しつつ、その横に説明書きを加えるようなことが容易にできる点だ。ただ四角と線を組み合わせただけの貧弱なインタフェースで説明するよりも具体的で利用者にとっても分かりやすいプレゼンテーションができあがる可能性がある。

ビジネスの世界で最もよく使われているプレゼンテーションソフトウェアだからこそ、こうしたオブジェクトが広まればみんな便利に使えるようになる。ぜひお試しを。

 

PowerPoint Prototyping Toolkit (release 0.2) - istartedsomething

 http://www.istartedsomething.com/20071018/powerpoint-prototype-toolkit-01/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2