ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

特定デバイス向けのWebサイト構築というのはごくシンプルだ。iPhone向けのWebサイトを構築する場合は、iPhoneで正しく見られれば良い。PCのように多彩なブラウザが使われていたりするとその表示誤差を吸収する必要があるが、iPhoneであればSafariだけで良い(今の所は)。


ピクチャ 60.png

アイコンリスト

 

そのため、iPhoneのSafariに対して最適化したサイトを提供しやすい。その基盤として使えるであろうソフトウェアがUiUIKitだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはUiUIKit(Universal iPhone UI Kit)、iPhone向けWebサイト構築フレームワークだ。

UiUIKitはiPhone用に最適化されたHTMLとCSSが提供されている。同じようなフレームワークは多数あるが、特に機能が豊富なのが特徴だ。リスト一つをとってもシンプルなもの、グルーピングされたもの、右側に未読のアイコンが表示されるもの、画像と一緒に表示されるものなどがある。


ピクチャ 61.png

リストと言っても実に多彩

 

最適化されたフォーム、チャット風表示、画像のローディング表示、コンタクト情報、ボタンが二つのフォームなど実に多彩だ。UiUIKitを使えば大抵のiPhone向けWebサイト開発には事足りることだろう。

JavaScriptはないので容易に使えるが、イフェクトのようなものには対応していないのが欠点かもしれない。そちらはjQTouchを使えば解決できることもあるだろう。目的に合わせて最適なフレームワークを選んで欲しいが、数多くのニーズに対応するにはUiUIKitが最適解ではないだろうか。


ピクチャ 62.png

画像を非同期で読み込んでいくサンプル

 

iphone-universal - Google Code

 http://code.google.com/p/iphone-universal/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2