ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone/iPod Touchの個人的な使い方として、目的地周辺の地図や時刻表のPDFを転送しておき、いつでも見られるようにしている。この時使っているのはAir Sharingなのだが現在は有料になっている。そこでフリーで行うための手段を考える必要がありそうだ(もちろん購入してもいい)。


entrance02.png

エクスプローラライクにiPhoneの内部を閲覧できる

 

JailBreakすれば幾つかの方法があるだろうが、JailBreakをせずにiPhone/iPod Touchへファイルを転送するにはi-FunBoxを使うのがいい。

今回紹介するフリーウェアはi-FunBox、Windows用のiPhone/iPod Touch向けファイル転送ソフトウェアだ。

i-FunBoxの利点はJailBreakが不要という点だろう。聞いた話ではiPod Touchの第二世代はJailBreakできないということなので、i-FunBoxを使えば問題なくファイルが転送できる。ただし、PDFファイルを転送した場合それを閲覧するアプリケーションがなさそうのが残念だ(画像は可能)。


entrance03.png

また、音楽や動画ファイルをコピーすることもできるので、母艦で間違って消してしまったファイルの救済に利用することもできる。他にも外付けのストレージ代わりにファイルを持ち歩くのにも便利だ。

なお、使い方としてはじめにi-FunBoxを立ち上げておく必要があるのでご注意を(iPhoneを先につないでいて認識されずに迷ってしまった)。また、日本語化されたi-FunBoxがこちらで公開されている。

個人的にはiPhoneやiPod Touchで撮ったスクリーンショットを転送する際にデジカメの機能を使わなくとも良いのが便利に感じられた。利用に際してJailBreakは必須ではないが、ルートのディレクトリから操作する際には必要とのこと。iPhoneをさらに活用したい方はぜひ。

 

via iPhoneをUSBで繋げてファイル転送できるi-FunBox [ Gizmodo Japan ]

i-FunBox | File Manager and Hi-Speed Transfer Tool for iPhone and iPhone 3G (iFunBox Download Page)

 http://www.i-funbox.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2