ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ブログや開発者向けのWebサービスなどで、ソースコードのハイライトを行うケースはよくある。言語があらかじめ決まっている場合は良いが、言語がよくわからない場合や、JavaScriptとHTMLのように埋め込みで複数の言語が重なる場合もある。


ピクチャ 11.png

各種言語に対応したハイライター

 

そのような、特定の言語に依らずにソースコードをハイライト化したい場合に便利なのがこのライブラリだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはGoogle Code Prettify、JavaScriptによるソースコードハイライターだ。

Google Code Prettifyの使い方は簡単だ。prettify.jsとprettify.cssを読み込んで、<pre class="prettyprint">または<code class="prettyprint">タグの中にコードを書き込めば良い。後はprettyPrintという関数を実行すれば自動的に言語を判別してハイライト化してくれる。


ピクチャ 15.png

PHP。HTML中に埋め込んだ書き方にも対応する

 

対応している言語はC、Bash、XMLライクなランゲージとなっており、かなりアバウトだ。実際にはBash、C、C++、CS、HTML、Java、JavaScript、XML、Perl、Python、Ruby、PHP、CSS、SQL、VBなどとなっている。

動作ブラウザはIE6以上、Firefox 1.5以上、Safari 2.0.4以上となっている。行数表示にも対応しており、<span class="nocode">というタグで行数を囲むとハイライトの対象外となるので、表現できるようになる。この点が自動化されるとさらに便利だと思ってしまった。

多数の言語に対応しているとあって、ブログ以外でも使い道がありそうだ。ソースコードを見やすくして、開発者にとって便利なサイトを目指そう。

 

google-code-prettify -Google Code

 http://code.google.com/p/google-code-prettify/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2