ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhoneを使ってみたいと思いつつも、キャリアの問題や活用できるかどうか分からずに躊躇している方は多いだろう。Mac OSXユーザであれば、開発者用のエミュレータを使って雰囲気を味わうことができるかも知れない。だがWindowsユーザでは試すのが難しい。

Picture 873.png

iPhoneそっくりなインタフェース

 

そこでWindowsでもMac OSXでも動くiPhoneエミュレータを紹介しよう。これを使えばiPhoneの魅力の一部を知ることができる。

今回紹介するフリーウェアはAIR iPhone、Adobe AIR製のiPhoneエミュレータだ。

AIR iPhoneは外観はiPhoneそっくりのインタフェースだ。ブラウザやメール、iPodなどの一部機能は動作する。また、その動きもiPhoneのものに近い。回転機能にも対応し、横向きにするとブラウザ表示も横に切り替わる。


Picture 877.png

横向きにすることもできる

 

もちろん動作しない機能も多いし、実機とは異なるアクションの場合もある。それでも雰囲気は分かってもらえるのではないだろうか。ホームボタンの操作もきちんと動作する。

さらに面白いのはVoIPを使った電話機能は使える点だ。RibbitというWebサービスを使うことにより発信、受信、ボイスメールのチェック、コンタクトの追加等が行える。むしろRibbitを流行らせるためにiPhoneのインタフェースを使った感じすらする。

エミュレータとしてはインタフェースは良くできている。そのインタフェースを使ってVoIPができるというのはなかなか面白い。iPhoneの雰囲気を知ってみたいという方も試してみてはいかがだろう。


Picture 875.png

メールのリスト表示もできる

 

 

merhl » AIR iPhone

 http://merhl.com/?page_id=75

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2