ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

URLによって使いたいブラウザを切り替えたり、専用クライアントで閲覧したいことがある。動画共有サイトや、動画プレーヤにURLを渡す場合もある。ブラウザによっては表示が乱れてしまう場合もあるだろう。


Picture 221.png

URLによってブラウザを切り替えることができる

 

そんな時に使えそうなのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはChoosy、ブラウザ選択ユーティリティだ。現在ベータ版でありフリーとなっている。正式リリース時にはシェアウェアになるようなのでご注意いただきたい。

Choosyはメーラーなどに記載されているURLをクリックした時に、どのブラウザで開くのか選択するフローティングウィンドウを表示してくれる。Safari、Firefox、Operaなど各ブラウザをこの段階で切り替えることができる。Choosy自身がデフォルトのWebブラウザとして動作することにより、ラッピングを行っている。


Picture 223.png

サークル上に候補を出すこともできる

 

他にもVLCやGoogleガジェット、iTermなどURLを渡すことでアクションを起こすアプリケーションであれば何でも利用できる。使ってみると便利なのだが、ブラウザからも別なブラウザが呼び出せるようになっているとYoutubeやニコニコ動画などを専用クライアントで見られるようになって便利かも知れない。

起動中のアプリケーションのみ選択に入れるかどうかの設定や、表示アイコンの大きさや表示方法(ラインまたはサークル)などを切り替えることができる。多様なブラウザやWebサービスごとの専用クライアントが登場している今だからこそ役立つソフトウェアだ。

 

via Choosy, your new default browser [ The Unofficial Apple Weblog (TUAW) ]

Choosy - A smarter default browser for Mac OS X

 http://www.choosyosx.com/beta/about

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2