ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

日本ではいまいち、なんて報道もあるがiPhoneに対する熱はまだまだ冷めやらない。世界に解放されたプラットフォームであり、日々多数のアプリケーションが公開されている。JailBreakやWebDAV、SSHなどのギーク魂をくすぐる様々な要素もまた楽しい。


IMG_0016.PNG

日本と言えばやはり富士山

 

そんな中、また新たなアプリケーションが登場した。これがまた面白い。

今回紹介するフリーウェアはGoogle Earth for iPhone、iPhone/iPod Touch上で動作するGoogle Earthだ。

Google Earth for iPhoneの面白い点は、何と言っても小さなガジェットであるiPhone/iPod Touchの中に地球が収まっているということだ。思っていたよりもスムーズに、そして落ちることが少ないように思える。少なくとも他のアプリケーションよりは安定している。


IMG_0008.PNG

ここまで拡大できる

 

二本指のピンチによる拡大、縮小はもちろんのこと、位置情報を使って現在位置をポイントしたり地名を出したりすることもできる。Wikipediaなどを使って、地域の情報を表示することも可能だ。

そしてiPhoneを縦に傾けるとビューが斜めに変化する。山などがそびえたって見えるのは圧巻だ。さらに標準アプリケーションのマップと違い、回転させられるのも魅力だ。

iPod Touch/iPhoneの性能限界もあるので、レンダリングが遅いのは否めない。だがこの小さなガジェットの可能性の広がりを大いに感じさせる、面白いソフトウェアだ。


IMG_0011.PNG

Wikipediaを使って地域情報も得られる

 

Earth - モバイル ヘルプ センター

 http://www.google.com/support/mobile/bin/topic.py?topic=15923&hl=jp

iTunesリンク

 http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=293622097&mt=8

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2