ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近、JavaScriptエンジンの高速化戦争(?)が激しくなってきた。発端はGoogle ChromeのV8エンジンかも知れない。そこから派生して、MozillaやWebKitでも高速化を発表している。Webアプリケーションが多様化し、様々な場面で利用されるようになっているので、高速化は良いことだ。


Picture 395.png

最新のJavaScriptエンジン!

 

WebKitというとSafari向けレンダリングエンジンという気がするが、実際はGoogle ChromeやAdobe AIRでもレンダリングエンジンに採用されているほどシェアは広い。そしてそのWebKitに標準で実装されているJavaScriptエンジンの次世代版がSquirrelFish Extremeだ。

SquirrelFish ExtremeはWebKit Nightly Buildsに取り込まれているJavaScriptエンジンだ。バイトコードの最適化、多態インラインキャッシュ、コンテクトスレッド JIT、正規表現 JITなどの改良が行われている。


Picture 396.png

Webアプリケーションでその速度を体感してみよう

 

結果としてSafari3.0の10倍も高速化されているとのことだ。もちろんMac OSX + Firefox3よりも速い。追加で行われているベンチマークではV8エンジンよりも高速化されているという結果も出ている。

高速化はこれからもどんどん行われていくことだろう。Mozilla、Google、WebKitさらにOperaやIEも巻き込んで開発競争が起これば、来年、再来年には今では思いもしなかったくらいWebアプリケーションが高速動作しているかも知れない。

 

via WebKit、最新のJavaScriptエンジン「SquirrelFish Extreme」を発表 [ SourceForge.JP Magazine ]

Introducing SquirrelFish Extreme.ja – WebKit – Trac

 http://trac.webkit.org/wiki/Introducing%20SquirrelFish%20Extreme.ja

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2