ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPhone 3Gの登場で、日本でもようやくiPhoneを本格的に利用できるようになった。使い勝手が悪い、日本の市場とは合わないなどと色々な意見も聞かれるが、それでも十分魅力的で、話題性の高いガジェットになっている。


ピクチャ 6.png

ついにiPhone 3Gにも対応

 

そしてiPhone/iPod Touchの魅力をさらに引き出すのがJailBreakだろう。iPhone 3Gの登場に合わせて開発された新ファームウェアに対応したツールが早速登場した。

今回紹介するフリーウェアはPwnageTool、最新ファームウェアである2.0に対応したJailBreakツールだ。

PwnageToolは最新版のファームウェアである2.0に対応したJailBreakツールで、iPhone 3Gにも対応しているのが売りだ。操作はウィザード形式で順番に辿っていくだけで行えるようになっており、これまでのiPhone、iPod Touch、iPhone 3Gの3つから選択する。


ピクチャ 5.png

DFUモードでファームウェアを適用する

 

iPod Touchで試したところ、2.0のファームウェアを取得し、それを元にしてPwnageToolがカスタム版のファームウェアを作成する。そしてDFUモードで起動し、カスタムファームウェアを使って復元することでJailBreakされるようになっている。

ちなみにJailBreak後は起動時のロゴがリンゴからパイナップルに変わる。また、これまでのInstaller.appからCydiaにパッケージ管理ツールが変更されている。

JailBreakをすることで、通常のAppStoreはもちろん、そうした一般向けアプリケーション以外の便利ツールをインストールすることができるようになる。もちろん、iPhone 3Gへの適用は人柱覚悟の上(起動できなくなる可能性もある)でお試しいただきたい。

 

blog.iphone-dev.org

 http://blog.iphone-dev.org/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2