ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

数年前からMacではインテルCPUが採用され、その恩恵としてMac OSX上やそのハードウェア上でWindowsを動かすのが容易になっている。Mac OSXを使いながら、Boot CampやParallels Desktop、VMware Fusionなどを使ってWindowsを実行している人もいることだろう。


ピクチャ 213.png

イメージファイルの内容

 

Boot CampのようにOSをデュアルブートする方法や、仮想的に立ち上げる方法が主だが、もう一つの方式が存在する。それがMac OSX上でそのままWindowsのバイナリを実行する方式だ。それを可能にするのがWineだが、Mac OSXでWineを試してみたいなら、これを使ってみよう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはMikuInstaller、Mac OSX上でWineを簡単に利用するためのソフトウェアだ。

MikuInstallerはその名の通り、VOCALOIDの初音ミクのインストーラーを動かすために開発されたWineパッケージだ。だが、その目的のためだけではなく、汎用的にWineを簡単に利用するためのソフトウェアとして仕上がっている。


ピクチャ 214.png

初回のインストール

 

使い方は簡単で、MikuInstallerにWindowsのバイナリ(インストーラーや実行ファイル)をドラッグアンドドロップするだけで良い。初回はWineのファイルをインストールするために時間がかかるが、次回からの実行は速くなる。

また、実行にはX11が必要になるので注意していただきたい。筆者環境では実行時にエラーが発生してしまったが、ソフトウェアとしてはVOCALOID2 Editorがインストールできることが目標なので、他のソフトウェアでは問題が発生する場合もあるかも知れない。

標準でインストールされるメモ帳や、エクスプローラは起動ができることを確認した。Wineが手軽に使えるようになれば、仮想マシンを立ち上げることなくWindowsアプリケーションを使えて便利だ。


ピクチャ 217.png

エクスプローラを実行したところ

 

 

MikuInstaller

 http://mikuinstaller.sourceforge.jp/

SourceForge.JP: Project Info - MikuInstaller

 http://sourceforge.jp/projects/mikuinstaller

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2