ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近はデジタル製品が増え、HDDさえあればその保管場所に困ることはなくなった。デジカメ、ムービー、音楽、ラジオなどその種類は多様に存在する。それらのデータは保管はするが、あまり見返すことなく肥やしになってしまっていないだろうか。


entrance34.png

奇麗なアイコンが並んだデスクトップ

 

原因は一つ、メディアを楽しむ仕組みを用意していないからだ。AppleTVしかり、Windows Vistaのメディアサーバ機能しかり。無償でサーバを立てるならこれを使ってみよう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはeAR OS Free Edition、Linux版メディアサーバOSだ。

eAR OS Free EditionはUbuntuをベースに開発されているディストリビューションだ。一般的なOSの操作は可能だが、目的はそのためではない。メディアサーバとしての利用法が最適になっている。


entrance36.png

Front Rowに似たインタフェース

 

画面左下のアイコンをクリックすると、Mac OSXで言うところのFront Rowのようなインタフェースが表示される。後は十字キーで操作できる。DVD、TV、音楽、インターネットラジオ、音楽、写真と全てこのインタフェースの中で楽しめる。

Wineがインストールされており、数多くのWindows向けソフトウェアを動作させることもできる。実用性も含め、魅力的なディストリビューションになっている。利用はインストールでも良いが、まずはLiveCDを使って動かしてみよう。

 

via eAR OS:目でも耳でも楽しめる新しいメディアセンターOS [ Open Tech Press ]

eAR OS Free Edition and eAR RT-OS Enterprice Edition

 http://www.earos.dk/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2