ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近では携帯電話や無線LANなどが当たり前になってきている。オフィス内で無線LANを使ってネットワークを構築するのも珍しくなくなった。また、フリーアドレスを推進する際には、できるだけケーブルの束縛をなくす必要がある。

ピクチャ 204.png

無線一覧

 

だが目に見えない無線の世界では、ある場所では信号が弱くなったり、他のアクセスポイントの干渉が強くなったりする。そうした目には見えない情報を表示するのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはAirRadar、無線LANスキャナーだ。

AirRadarはMac OSX向けのソフトウェアで、起動した後Begin Scanボタンを押してスキャンを開始する。少し待つと、検出された無線LANのアクセスポイントが一覧されるはずだ。アクセスポイントにはコメントを残しておき、後で参照することができる。


ピクチャ 205.png

グラフ

 

また、アクセスポイントの名前やMACアドレスを使ってお気に入りに入れておくことや、シグナルとノイズのグラフを描画する機能もある。例えば決められたポイントを順番に回ることで、そのS/Nの変化を知るといった目的にも利用できそうだ。

無線LANは慣れないと意外と接続関係のトラブルが多く、その対応に追われることになる。スキャナーソフトウェアを使って、できるだけ早く原因をつかめるようにされたい。


ピクチャ 206.png

設定画面

 

AirRadar - Advanced Wireless Network Scanner

 http://www.koingosw.com/products/airradar.php

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2