ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

コンピュータに指定時間に何かの処理をやらせようと思ったら使うのがCronやタスクだろう。Windowsにも標準でついているが、個人的にはあまり利用していない。ちょっとしたコマンドを実行するだけでもプログラムを組むからだ(実際は違うのだろうか)。


entrance03.png

タスク一覧

 

ファイルを移動したり削除したりアラームを鳴らす…そうした簡単なアクションならこれを使うのが手軽だ。

今回紹介するフリーウェアはZ-Cron、Windows向けCronだ。Z-Cronは個人利用に限りフリーなのでご注意いただきたい。

Z-Cronは指定したアクションを指定した時間や定期的に行ってくれるソフトウェアだ。ファイルを開く、移動する、削除と言った処理はもちろん、シャットダウンやリモートコンピュータのシャットダウンやWake Up LANを実行することもできる。


entrance02.png

アクション一覧

 

SMTPサーバを設定しておくことで、メールの送信も可能だ。ネットワークを使ったダウンロードやNTPの同期処理等も便利に使えそうだ。最小単位が5分ごとという制限があるが、システム的な利用でなければ十分ではないだろうか。

ログファイルはきちんと残るので、動作の確認も手軽だ。また、これから行われるジョブは一覧で見られるようになっている。Cronのテキストベースの設定も良いが、ちょっとした定期的な作業はGUIで手軽に設定できると便利だ。一般ユーザからシステム管理者まで幅広く使えそうだソフトウェアだ。


entrance01.png

タスク設定画面

 

Z-Cron :: Scheduler - Automation with Z-Cron Task and Job Scheduler

 http://www.z-cron.com/scheduler.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2