ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iTunesでアルバムを一覧する際の表示でおなじみのカバーフロー。Mac OSXであれば、Finderでも利用できるようになったので、良く知っている人もいることだろう。反射した表示や、左右のアイテムが斜めになった表示が格好いい。

ピクチャ 13-10

あの表示を別な場所、特にWeb上で使いたいと思ったらこれを使ってみよう。

今回紹介するフリーウェアはFlash iTunes Cover Flow、iTunesのカバーフロー表示をFlashで実現するソフトウェアだ。ソースは公開されており、誰でも使えるとなっているが、特にライセンスが明記されている訳ではないので注意していただきたい。

Flash iTunes Cover FlowはXMLファイルで指定した画像ファイルをカバーフロー同様に横並べに表示してくれるソフトウェアだ。スライダーを動かすと、画像もそれにつれて左右に切り替わっていく。

アクションが格好いいので、利用できる場面は数多そうだ。写真を表示するのにも良いし、音楽サイトでも利用できるだろう。説明文のところをクリックすると指定したサイトに飛ばすことができるので、ショッピングサイトでも使えそうだ。

画像は見せ方によって随分印象が変わってくる。Flash iTunes Cover Flowを使えばこれまでとは違ったインパクトが期待できそうだ。

Flash iTunes Cover Flow Version 2 | Weber Design Labs

 http://www.weberdesignlabs.com/blog/?p=11

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2