ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Unix/Linux環境でのsudoは一度使うと手放せないツールだ。rootのパスワードを知る必要もなく、必要な時に管理者権限でプログラムを動作させられる。

Entrance01 Thumbnail-7

WindowsにはRunAs(別なユーザとして実行)という機能があるが、これは「su」に相当する。つまり管理者のパスワードを知っておく必要がある。これに対してsudoに相当するのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはsuDown、Windows XP向けのsudoソフトウェアだ。

suDownは場合によってはマルウェアとして認識されることがあるようなので、その点自己責任で利用をお願いしたい。

suDownをインストールすると、プログラムを右クリックした際に「# sudo ○○」と表示されるようになる。これを実行すると、自分のパスワードを入力するダイアログが表示される。

パスワードを入力して、問題がなければ管理者権限で実行されるようだ。なお、筆者環境下ではエラーが出てしまった。特徴的なのは、ユーザのプロファイルを切り替えない点にある。また、しばらくの間はパスワードがキャッシュされるので(まさにsudoのようだ)、いちいち入力する必要がないのも便利だ。

Entrance08 Thumbnail-2

Windowsインストーラ形式(MSI)の場合、RunAsが表示されず、ExplorerをRunAsで実行してインストールする、なんてことを昔やっていたが、suDownの場合はそうした手間なく使えるようだ。エラーが解決すれば、ユーザを通常ユーザ権限にして利用するのも簡単になりそうだ。

なお、インストールすると「sudoers」「sudoed」というグループが追加される。セキュリティ面にご注意の上、利用していただきたい。

suDown - sudo for Windows XP

 http://sudown.sourceforge.net/

SourceForge.net: sudo implementation for Windows

 http://sourceforge.net/projects/sudown

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2