ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

情報と情報は何らかのつながりを持っている。Wikiの場合はそれがリンクという形で表される。とは言え、情報は必ずしもリンクだけで関連性が表せるとか限らない。

ピクチャ 1 Thumbnail-34

手動というのは多少面倒な気もするが、リンクと組み合わせる事で利用価値は高まるかもしれない。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはWagn、Rails製のWikiエンジンだ。

WagnはRails製のWikiエンジンであり、MySQL/PostgreSQL/SQLite3をサポートしている。Ajaxも様々な場面で利用されており、動作はスムーズだ。

ピクチャ 2 Thumbnail-31

通常のWikiとしての機能は、リンク/最近の更新/更新履歴/アクセス権限等がある。特徴として、各Wikiのページをカードという単位で管理する点にある。

各カードはカードによってその種類を定義したり、扱うデータの種類を定義できる。例えばデータの種類を日付として定義すると、カレンダーだけが表示されるようになる。他にもディスカッションやイメージ、ファイル等がある。

ピクチャ 3 Thumbnail-25

そしてカード同士のつながりを定義するカードも存在する。この場合、データの種類は定義できない。このつながりを定義するカードはカード名がタグのようなもので、そこに注釈をつけられるとでも言えば分かりやすいだろうか。

実際使ってみると何となく分かると思うが、言葉にしただけでは難しいかも知れない。ぜひ使ってみて、データのコラボレーションを楽しんでみてほしい。

Wagn.org: Wagn.org

 http://wagn.org/wagn/Wagn.org

RubyForge: Rusted Old Wagn: Project Info

http://rubyforge.org/projects/wagon/

ピクチャ 4 Thumbnail-21

ピクチャ 6 Thumbnail-13

ピクチャ 5 Thumbnail-17

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2