ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

眠れる力を呼び起こす

Elements機能補完 サムネイル

Adobe Elements ver. 2以前で利用できる。もっと便利に、隠し機能を使えるようにしてくれるソフトウェアです。

眠れる力を呼び起こす

Elements機能補完 スクリーンショット

今日のフリーウェア紹介はあまり多くは語らない。持っている人には非常に魅力的だろうし、持っていない人にはそもそも利用する術がない代物だからだ。

Adobe Photoshop Elementsと言うソフトウェアがある。画像編集を行う最高峰ソフトウェア、Adobe Photoshopの入門版とでも言うべきソフトウェアだ。幾つかの機能が削られているが、安価で便利なソフトウェアなのは間違いない。で、機能が削られている訳だ。

本日紹介するフリーウェアはElements機能補完、Adobe Elementsの眠れる力を呼び覚ますソフトウェアだ。

具体的に言えば、チャンネル関係、マスク、選択変形、透明RGBや透明線画などの機能が利用出来るようになる。インストール後、エフェクトブラウザを起動するとアイコンが追加されているとの事だ。

筆者自身は持っていないソフトウェアなのだが、これを見て欲しくなってしまった。で、今見てみるとバージョンは4…Elements機能補完はバージョン2までの対応となる(3以降で駄目なのか、既に同等の機能がサポートされているかどうか分からないが)。

と言う事で、かなり限定的な利用範囲になるソフトウェアだ。Adobe Elements 2以前をお持ちの方はお試しあれ。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2