ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

私本管理Plus サムネイル

ショックを避ける

自分の持っている(または欲しい)本を管理するデータベースです。

ショックを避ける

私本管理Plus スクリーンショット

この間遂にやってしまったのだが、一度読んだ本を購入してしまった。しかも最初では気付かず、少々読み進めた所でデジャブに襲われ、飛ばし飛ばし読んでいく内に確信に至った次第だ。

最近、本はAmazonで購入しているのだが、ネットショップの場合既に購入したのかどうか(リアル店舗での購入含め)が分からない。立ち読みで確認できないからだ。中身を若干検索できる機能もあるが、これだけでは難しいかも知れない。そうなると蔵書を管理するしかないか…。

本日紹介するフリーウェアは私本管理Plus、本を管理するためのソフトウェアだ。

ISBNやキーワードが分かっていれば、Amazonから画像や本の説明などを持っていてくれる。これで随分分かりやすい。更にバーコードリーダーからの入力にも対応している。

ソートやカテゴリ等、独自で指定できるので自分好みの蔵書データベースが出来上がるだろう。更にバックアップ機能と私本管理GOOUTとを組み合わせれば、インターネットを使って外部から閲覧する事だって出来る。これで買う前にチェックできる。

本やDVDやCD等、同じものを買うと意外にショックが大きい。シリーズ物など、記憶だけに頼るのは止めてデータベース化してしまった方が良さそうだ。

私本管理Plus レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2