ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

RealSync サムネイル

ショックの防波堤

フォルダの自動同期ツールです。細かな設定と、関連ツールが売りです。

ショックの防波堤

RealSync スクリーンショット

いつも通りの朝、いつも通りPCの電源を入れる…と何やら見慣れぬメッセージが。よくよく調べてみた結果、HDDが飛んでしまったらしい。そんな経験はしたくもないが、目にした人もいるのではないだろうか。

HDDの大容量化に伴って、クライアントPCであっても大量のデータが保存できるようになった。それ自体は決して悪いことではないが、サーバなどのHDDに比べると壊れる可能性の高いクライアントPC、データはきちんとバックアップしておこう。

本日紹介するフリーウェアはRealSync、自動バックアップソフトウェアだ。

RealSyncは事細かな設定が可能だが、シンプルに使う事も出来る。単純に言えば、二つのフォルダを指定しておくだけで完了だ。後は指定時間ごとに自動でフォルダ間を同期してくれる。非常に手軽だ。

意外に便利なのが、ネットワーク上のバックアップを考慮して、別ID/PWを使う設定かと思う。対象ファイルの拡張子指定、ファイルがない際に削除するか否かと言った設定も可能だ。タスクに登録するためのユーティリティやWord/Excel上から操作するためのアドインなど、関連ツールも多数用意されている。

大抵そうだが、PCは壊れて欲しくないタイミングで壊れる。RealSyncはショックの防波堤になってくれるソフトウェアだ。

RealSync レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2