ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Rekisa サムネイル

一気に比較

複数ファイルを一気に比較できる差分表示ソフトウェアです。

一気に比較

Rekisa スクリーンショット

人は大抵心配性で、何かする時、予防措置を講じる事が多い。万が一とはうまく言ったもので、殆どない可能性に対して念のため…と考えてしまう。結果としてそれが良い場合もあるが、余計な混乱を招く場合もある。

特にルール無く作成されたバックアップファイルは正にそれだ。命名規則もないから、ファイル名+番号だけ。しかし特に新しいから番号が大きいと言う訳でもない。突然飛んだりする。この中から最新のものを探すのは難問だ。

本日紹介するフリーソフトウェアはRekisa、複数ファイルに対応した差分表示ソフトウェアだ。

RekisaはいわゆるDiffソフトだが、3つ以上のファイルに対応している点が売りだ。例えばリビジョンを比較しつつ、本番動作しているファイルと比較したり、更によく分からないバージョンファイルと照らし合わせると言った事もできる。

差分している状態で並び替える機能や、ファイル表示数を増減させる事で自分の見やすい状態に変更する事ができる。更にSubversionと連携してリポジトリに直接アクセスすると言った事も可能だ。

通常のDiffと違い、結果を画像(BMP、PNG、拡張メタファイル)で出力したり、テキストファイル出力もできる。意図不明なバックアップが増えてしまった環境でお困りの方には是非試して欲しいソフトウェアだ。

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2