ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

VMware Player サムネイル

大御所から進出

VMWareからついに出た、フリーのエミュレーション・ソフトウェアです。

大御所から進出

VMware Player スクリーンショット

一番はじめに目にしたエミュレータはSoftWindowsだった。また、Virtual PCもあって、Macintoshの中でWindowsを動作させるのが目的だった。その頃はCPUの速度も遅く、とても実用的とは言えなかった。

最近はCPU速度もあがり、エミュレータによる仮想環境下でのテスト的な利用法も行えるようになってきた。オープンソース系も多くなってきたが、速度面で言えばVMWareが一歩先んじている。しかし高い…。

本日紹介するフリーウェアはVMWare Player、あのVMWareのフリーウェア版だ。

Workstation等と違って、自分用の環境を作成するような事はできないようだ。だが、以前トライアル版のVMWareで作ってあったファイルを読み込み、起動することが出来た。きちんとネットワークも利用できる。

仮想環境については、幾つかがVirtual Machine Centerにて公開されている。SUSE LinuxやRed Hat Enterprise Linuxがダウンロードできる(要登録)。また、それ以外でもVirtual PCやSymantec LiveStateリカバリーディスクにも対応している。

エミュレータはハードウェア環境の高性能化が進んだ現在にあっては、開発環境やデモ環境としても十分実用的だ。資源を有効活用する上でも導入が十分考えられる。

VMWare Playerのレビューはこちら(1 2 3

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2