ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スマートフォンではカメラアプリが多種多様に存在します。それらはスマートフォンの画面全体に撮影対象が映し出され、その内容を画像ファイルとして残します。そう思っている方が多いはずです。

しかし実際には画面に出ていない情報だって残せるのです。そのデモアプリがwatch.userです。

watch.userの使い方

メイン画面です。これはダミーの画面です。

カメラを開きます。もちろんパーミッションが必要です。

撮影できました。

撮影したのはまったく別な内容なのですが、実は自分の顔も撮影されています。

裏で顔認識が行われています。

watch.userは撮影していると思っているカメラ(バック側)だけではなく、フロント側のカメラで顔認識を行っています。その内容は画像として残すことも可能です。これはあくまでもデモですが、こういうこともできるというのはなかなか怖いですね。

watch.userはiOS用、Swift製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

KrauseFx/watch.user: Every iOS app you ever gave permission to use your camera can record you any time it runs - without notice

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2