ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プログラミングエディタは何を使っているでしょうか。プログラマにとって商売道具なので、特に選別には神経を使いたいところです。幾つかの基準はありますが、クロスプラットフォームが大事という方もいるでしょう。

そんな方に試してみて欲しいのがTextadeptです。軽量でミニマムなプログラミングエディタです。

Textadeptの使い方

メイン画面です。

ファイルを開いたところ。ソースコードハイライタが内蔵されています。

検索と置換です。もちろん正規表現に対応しています。

ファイルの内容を実行したり、コンパイルする機能があります。こちらはその結果が表示されるウィンドウです。

TextadeptはGUIはもちろん、ターミナル上でも動作するようになっています。プログラミング言語は100種類以上対応しています。スプリットビューもサポートしており、テーマ機能や自動補完機能もあり、プログラミングエディタとして十分使えるようになっています。機能拡張はLuaで書けるようになっています。

TextadeptはC/Lua製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Textadept

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2